+Life∞

毎日にどんどん楽しみをプラス。一度しかない人生の無限の可能性を信じて。 ※イロイロ工事中!!

相葉雅紀と1983年6月17日生まれの男たち~算命学で見る相性とご縁~

      算命学    ,

総武線コンビ大好き!バシエです。

嵐の相葉雅紀さんと二宮和也さん。
ふたりがまるで幼馴染みのように(実際の出会いは中学の頃ですが)仲が良いことは、ファンの間では有名なお話。

そして。
二宮和也さんと全く同じ誕生日の方がもうひとり、相葉さんと仲が良いことを「櫻井有吉アブナイ夜会」という番組で知りました。
そう、風間俊介さんです。

番組で相葉さんと風間さんのプライベートに密着していたのですが…ホントに仲良しで。見ていて大変微笑ましかったです。
普段は全力で「嵐の相葉雅紀」な相葉さんの素っぽい言動が垣間見えて、きっとニノも風間さんも、数少ない(?)本当の相葉さんを知ってる人たちなんだなと思ったことを覚えています。

相葉雅紀(1982年12月24日)と1983年6月17日生まれの男ふたり。
相葉さんと二宮さん、相葉さんと風間さん。
同じ誕生日のふたり、どちらとも仲が良いだなんて、もしかして算命学的に何かご縁があるんじゃないの?
…と思い立って数ヶ月(笑)。やっとこさ!ふたりの相性を分析してみました~。

なかなか興味深い関係が見られましたので、ご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

相葉雅紀&二宮和也の命式

ふたりの命式はこちら。

それぞれの性格については過去の算命学エントリをご覧になってください。

気になる人を算命学で分析!~相葉雅紀編~ | +Life∞

気になる人を算命学で分析!〜二宮和也編〜 | +Life∞

算命学は生年月日を使って分析するので、二宮さんと風間さんの命式は全く同じということになります。

算命学で見る基本の相性

算命学で相性を見るときは、まず以下の4点をチェックします。

①日干
②主星
③エネルギーの強弱
④純星と濁星

ひとつずつ見ていきましょう。

まずは日干。
日干が相生や比和の関係だと相性がよいとされています。逆に相剋の関係だとお互いを理解するまで時間がかかると見ます。
相葉さんの日干は辛(金)。ニノの日干は丙(火)。金は火に剋されるので、相剋の関係。
ふたりがお互いの内面を理解するまでには、ちょっと時間がかかったかもしれません。

次に主星。陽占の真ん中の星を見ます。
相葉さんの主星は鳳閣星。ニノの主星は調舒星。お互いに「火」同士なので比和の関係です。相性はよいといえるでしょう。

そしてエネルギーの強弱。陽占の十二大従星から身強・身中・身弱を判定します。

強星:天将星、天禄星、天南星
弱星:天報星、天胡星、天極星、天馳星
中星:天貴星、天恍星、天堂星、天印星、天庫星
(天印星、天庫星は弱い星に囲まれた場合、弱星とすることがあります)

相葉さんは天南星、ニノは天将星を持っているので、ふたりとも身強で身体エネルギーは同じということになります。

最後に純星と濁星を見てみましょう。
陽占の各星は以下のように純濁で分けることができます。

純星:鳳閣星、禄存星、司禄星、牽牛星、玉堂星
濁星:貫索星、石門星、調舒星、車騎星、龍高星

純星が多い人は安定した環境、濁星が多い人は変化の多い環境で生きるとよいとされています。
ふたりとも純星が多いので、活躍するのに向いているのは安定した環境ということになります。

ここまで見てきて、ふたりの相性は悪くない、むしろよいといえるでしょう。
このふたりが出会い、仲良くなったのは算命学的には自然なことだといえます。

しかしですね!ふたりの間には、単なる相性の良し悪しだけではない「ご縁」を見ることができました。

算命学的に「ご縁がある」という状態とは?

まず目がいくのは、ふたりの日干が干合の関係であるということ。

干合とは陰陽で剋し変化する関係のことをいいます。
男性(陽)と女性(陰)が寄り添い、お互いに切磋琢磨して姿を変えていく関係は、まさに現実の夫婦関係のようであるといえるでしょう。干合は男女の結婚の相性を見るときにも使います。
干合の関係を持つふたりが一度出会ってしまうと、離れがたく、悪くいえば「腐れ縁」となってしまい、別れたくても別れられないという状況になることも…。

互いの日干が干合するということだけでも十分「ご縁がある」といえるのですが、ふたりの縁はこれだけではありません。

算命学では、運気のバイオリズムを10年ごとに区切り、その10年間を「大運」と呼びます。

こちらがふたりの大運です。
相葉さんの大運は「壬子」、ニノの大運は「戊午」から始まり、互いの大運が逆行しているのがお分かりになりますでしょうか?
相葉さんが65歳、ニノが64歳のお誕生日を迎えるまで、相手が経験したことを逆行して経験していくとみることができます。これはまさに一生モノのご縁といえるでしょう!

2007年から今現在も、ふたりの大運は「乙卯」で重なっています。
もしかしたら、今まで以上にふたりは「人生を共有している」と感じているかもしれませんね。

人生は運と縁

相葉さんと二宮さん、相葉さんと風間さん。
算命学を使って関係性を読み解くとき、どちらも出会うべくして出会った「ご縁のある」ふたりといえるでしょう。

この広い世界の中で出会い関わりを持った人たちとは、単純な相性の良し悪しだけではない「ご縁」というものが必ずあるとわたしは思います。
人生は運と縁。ヨコヒナも昔、レコメンでいっていました(笑)。
「一期一会」の精神を大切にしたいものですね。

Ad_PC_336

SPONSORED LINK

  関連記事