+Life∞

毎日にどんどん楽しみをプラス。一度しかない人生の無限の可能性を信じて。 ※イロイロ工事中!!

横山裕主演舞台「ブルームーン」レポ(ネタバレあり) ~2015年6月6日夜の部@東京グローブ座~

      関ジャニ∞    , ,

ユタカくん、じれったいんだからぁ…!バシエです。

ご縁があって、ヨコ様主演舞台「ブルームーン」を見ることができました。
最初から最後まで幸せな気持ちで観れた、素晴らしい舞台でした。ヨコ様の演技を見ることができて、本当によかった!

観に行ってからちょっと時間が経ってしまいましたが、個人的なツボドコロを書き残しておきたいと思います。

※以下、舞台内容に関するネタバレが含まれます。ネタバレを避けたい方はご覧にならないでください。
発言は一言一句合っているわけではありません。
わたしの個人的な心のつぶやきも含まれますし、雰囲気優先で書いていますので、ご理解頂ける方のみお読みください。

SPONSORED LINK

あらすじ

向坂ユタカ(横山裕)は実家の寺を仕方なしに継ぐ事が決まっていて、恋人の蒲谷ルミ(マイコ)がいるが、長く付き合い過ぎたせいかそれ以上の進展はない。
そんな煮え切らない二人をユタカの父親の向坂オサム(山崎一)は、イライラしながらも見守っている。
檀家で写真館を営む石渡はま子(加賀まりこ)が法事の相談をしに来たある日、燕尾服を着た謎の男が寺の二階から現れて……。

ツボドコロメモ

・パパンとユタカくんの掛け合いがテンション高くて笑う
・パパさんおちゃめでイイキャラなんだ~
・そこにはま子さんも加わって、テンポのよい会話が続くのがすごく楽しい
・だがしかしヨコ様がカツラでびっくりした
・だってグローブ座の広告は黒髪サラサラヘアだったからさぁ!
・序盤のうじうじユタカくん、自分の彼氏がこんなんだったらとりあえずしばく
・10年付き合ったという設定がリアルに表現されているなと
・言いたいことズケズケ言えちゃう、でも肝心なことは言えないとことか
・「それは仕事や運命のせいじゃないね。そんなだから浮気されるんだ!未来ってね、自分で切り開くんだよ!」
・ケイトがこのセリフをユタカくんにいってくれたとき、スカッとした…!
・トニーと光恵さんの恋カワイイな
・人を好きになって、道端に咲く花をキレイだと思えるようになるって、すごくステキなことだよ…!
・「今この道を降りたら、いつかきっとそれを光恵のせいにする」っていうトニーの言葉にハッとした
・「じゃあそもそもなんで俺と付き合ったんだよ!」「忘れちゃった」
・ユタカくんとルミちゃんの言い合い、この部分は特に切なかったなぁ…
・自分には夢がないと正直にルミちゃんに語るユタカくん
・「夢とかいわれると…お前とずっと一緒にいられたら、それが一番幸せだろうなと思う」
・ユタカくんのこのセリフにきゅんってした
・「ルミと中華街の男に嫉妬した」って告白するユタカくんがそわそわしててひたすらかわいかったです
・「そういうサポート、俺だけにしてくれないかな、ってずっと思ってた」
・ユタカくんのこのセリフにきゅんってした、其の弐
・決定的な一言が欲しいルミちゃんの気持ちすごい分かる
・「結婚してください」っていわれて、背後からユタカくんに抱きつくルミちゃんかわいすぎた
・そのときのユタカくんの「わぁ…!」ってカンジでにやぁっとする表情もかわいすぎた
・ユタカくんとルミちゃんのぎこちないダンスもかわいすぎた
・この辺り、ユタカくんとヨコ様がダブって見えて、これはちょっと横山裕だなぁって思いながら見てしまいました

バシエ的「ブルームーン」まとめ

『ブルームーン』は、作詞ロレンツ・ハート、作曲リチャード・ロジャースによる名曲“ブルームーン”の世界感をモチーフにし、大切な人に自分の想いを上手く伝えられない青年が時空を超えた人々との出会いにより、徐々に変わっていく様を描いたオリジナルのロマンティック・コメディです。

ブルームーンの公式HPに上記の記載がありましたが、本当にかわいくて幸せな気持ちになれる、ロマンティック・コメディでした。心がとろけんばかりの…って、これはマルちゃんだった。
一緒に見に行った後輩と「本当にいい舞台だったね」って何度もいいながら、グローブ座から駅までの道のりを歩ける幸せ。胸がいっぱいになりました。

役者さんがみんなお上手で、ヨコ様もすごく頑張ってて、ユタカくんだけど横山裕とダブって…。こんなに素敵なお仕事と巡り合えて、よかったね、よかったねと胸が熱くなりました。役者として活躍するヨコ様をこの目で見ることができて、本当によかった。

あとね、舞台のグッズであるYOU呑みがかわいすぎた!
ヨコ様プロデュースのグッズってハズレがないというか、かわいいな、欲しいなって思うものが多いです。ヨコトラのおしゃべり貯金箱とか、今も大切に使わせて頂いております。
エイトのツアーグッズもプロデュースしてくれませんかね、ヨコ様!

Ad_PC_336

SPONSORED LINK

  関連記事