+Life∞

毎日にどんどん楽しみをプラス。一度しかない人生の無限の可能性を信じて。 ※イロイロ工事中!!

今さら!「黒子のバスケ」17巻の感想を綴る~目標に向かって努力することなんて楽しくてしょーがないさ~

氷室さんが怖いお兄さんって、納得。バシエです。
以下、17巻の感想になります。

SPONSORED LINK

17巻あらすじ

準々決勝へと進んだ誠凛を待ち受けていたのは、絶対防御によって零封を続ける陽泉だった。黒子たちの攻撃は陽泉の盾を突破できるのか!?そして兄と慕う氷室に、火神は立ち向かえるのか!?今、試合開始!!

17巻ネタバレあり感想

表紙&背表紙

ボールを指で回しつつ、笑顔で佇む黒子くん。「THE BASKET BALL WHICH KUROKO PLAYS」の文字が目立つデザインがオシャレです!!
背表紙は桐皇学園の今吉主将。彼に関しては、アニメで初めて見たとき「関西弁…!」「目ェ開いてねぇ!」という印象でした。のらりくらりしているように見えて実はクレバーに人を動かせてしまうところが今吉主将というキャラクターの魅力だと思います。

本編

青峰くんのアドバイスのかいあって、シュートが上達してきた黒子くん。素直にお礼をいう黒子くんに対して、本当に礼をいいたいのは俺の方…って素直にいえないところが青峰くん!

氷室さんとの兄弟の証のリングを見つめる火神くん。全力で戦う決意を新たに、誠凛高校VS陽泉高校の試合が始まります。

「負けんじゃねーぞ、テツ」
青峰くんの言葉を思い出す黒子くん。最高のエールですね!

2m超の選手3人がいる陽泉の高さとDF力に攻めあぐねる誠凛。リバウンドが取れず、得点に結びつけられません。

「誠凛のゴール下はオレが守る!」
木吉先輩のバイスクローでなんとかボールを奪い取り、第1Qは18対0で終了。カゲトラさんのアドバイスで、大きな石を掴んで握力強化のトレーニングをしてきたことが活きました。

20点差をつけられたら誠凛の負けはほぼ確定。それを破ったのは黒子くんの「幻影のシュート」でした。
今までパスに特化した練習をしてきた黒子くんのクセを見抜き、シュートフォームを変えさせた青峰くん。黒子くんは自分に合ったフォームを作り、必殺技に昇華させたのです。

火神くんは、陽泉の高さに対抗すべくセンターの役割を担っています。高さに対抗しようとするあまり重心を落としきれていませんでしたが、木吉先輩のアドバイスで陽泉のセンターを抑えられるように!

黒子くんの消えるシュートでなんとか食らいつき、第2Qを終えます。
第3Q以降は火神くんが氷室さんを、木吉先輩が紫原くんを倒すことが必須条件だというカントク。黒子くんはいったん下がります。

氷室さんとの対決に挑む火神くん。しかし彼のフェイク、そして、あまりの美しいシュートフォームに反応できません。氷室さんは基本に忠実な、洗練された超正当スタイル。

「オレとお前は今や敵同士だ。もっと殺す気で来いよ」
氷室さん見た目に反していちいち台詞が怖いんですけど!?
勝負と情を分けきれない、優し過ぎる火神くん。頭を冷やすためにいったん下がります。

誠凛の絶対防御破りはここからスタート。まず、3Pを決める木吉先輩。そして、なんとPGの役割まで!
一度3Pを決めたことで、木吉先輩がまたスリーを撃つかも、と警戒する陽泉。
「鷲の目」で状況を見てシュートのようなパスを放る伊月先輩…ちっちゃ!いや、紫原くんがデカすぎるだけなのですが。

木吉先輩の中・長距離シュートは紫原くんでも跳ばないと届きません。跳ばすことで次の動作を遅らせ、そのスキをついて連続攻撃を仕掛けているのです。
おまけに紫原くんを挑発して自分に引きつけ、跳ばすように持っていく木吉先輩。「人の良さそうな顔してしたたかもいいトコだ」と人の良さそうな顔をしていない青峰くんも大絶賛(?)。

しかし、木吉先輩の汗の量と気迫から、木吉先輩が入れ込みすぎていると気付く伊月先輩。紫原くんとの過去の因縁もありますし、心配ですね。

一方、火神くんは黒子くんに氷室さんとの兄弟の証であるリングを捨ててくれといいます。未練を捨て、今度こそ彼と本気で戦うことを決意した火神くん。どうなる、後半戦!?

おまけページ

NG集にて、陽泉高校の中国人留学生・劉先輩の語尾に「アル」がついている理由が発覚。福井先輩けっこうヒドイよ…!

QAコーナーでキセキの世代と桃井ちゃんの誕生日が紹介されていましたが、青峰くんの誕生日わたしと同じだった…!ちなみに桃井ちゃんの誕生日が学生時代からの友人と同じ。
以上、どうでもよいバシエ情報でした。

感想まとめ

氷室さんに対して「品があってクールで優しい」という勝手なイメージを抱いていたのですが…彼の一面としては間違いはなくとも、もっとドロドロした部分を抱えているのだなぁと原作を読んで解釈しました。この辺りのコトは、もう少し先で明らかになりそうですね。
木吉先輩と紫原くんの過去の話もなかなか…。陽泉戦はわりとドロドロ対決になりそう!?

陽泉の主将と福井さんと劉さんのトリオが何気に面白かったです。頑張れ、モミアゴリラ主将!

Ad_PC_336

SPONSORED LINK

  関連記事