+Life∞

毎日にどんどん楽しみをプラス。一度しかない人生の無限の可能性を信じて。 ※イロイロ工事中!!

今さら!「黒子のバスケ」18巻の感想を綴る~人の努力を否定してしまうキミには絶対負けたくない!~

紫原くんデカく描かれ過ぎじゃないかな!?バシエです。
18巻の感想を綴ります。

SPONSORED LINK

18巻あらすじ

陽泉の絶対防御をこじ開け、じわじわと追い上げる誠凛!しかし木吉の消耗は激しく、疲労は隠せない…。そして、紫原がついに攻撃に参加する。圧倒的な破壊力で誠凛コートを蹂躙する紫原に、黒子達は…!?

18巻ネタバレあり感想

表紙&背表紙

陽泉高校のWエースが表紙。氷室さんの隠れてる左目ってどうなってるんだろう…見たい。

背表紙はアレックス。男性キャラばかりの黒子のバスケの中で、アレックスが出てくると画面が華やかになりますよね。金髪のセクシーお姉ちゃん、でもバスケが強くて男前というギャップがステキでした。

本編

紫原くんとの一対一に挑む火神くん。思い切りブロックされてしまいましたが、紫原くんは気づいていました。火神くんが新しいシュートを試そうとしていたことを。アレックスに教わった必殺技でしょうか?

陽泉は木吉先輩にトリプルチームでつき、木吉先輩を潰す気です。気迫でダンクを叩き込みますが、足への負担と疲労は隠せません
木吉先輩の姿にますますチームプレーに熱が入る誠凛。5点差まで追いつきます。

「ヒネリつぶしてやるよ、すべて」
ここまでの木吉先輩の言動や誠凛のプレイスタイルが紫原くんの逆鱗に触れ、ついにOF参加!
「小物がどんなにスキルをみがこうが、圧倒的破壊力に勝てるもんなんてない」
なんと、ダンクでゴールポストを破壊してしまいます。圧倒的な力の前に呆然とする誠凛。

木吉先輩の脳裏に中学の思い出がよみがえります。みんなを守りたいと頑張る木吉先輩を完膚なきまでに叩きのめした紫原くん。
「なんも守れてないじゃん」といわれた言葉が堪える…。

紫原くんを止めようと必死に食らいつく木吉先輩。しかし、紫原くんの圧倒的な力に倒されてしまいます。
限界を迎えて、それでも立ち上がろうとする木吉先輩の手を取り引っ張りあげる紫原くん。
「これが現実でしょ」
「結局あんたはなす術なく、あげく体力も尽きた」
「またなんも守れなかったわけだけど…楽しかった?バスケ」

「あとは…頼む。勝ってくれ」
何も言い返せず悔しさを噛みしめる木吉先輩の意志を受け取り、黒子くんが出場!

「ボクが代わりにキミを倒す!」
「ヒネリつぶすよ。黒ちんでも」
中学時代の黒子くんと紫原くんに重なるセリフ。

バスケにさして興味がないにもかかわらず、才能に恵まれ勝ち続けてきた紫原くんと、好きでも才能に恵まれず、絶望すら味わってやっと活路を見つけた黒子くん。
彼らはバスケに対する考え方の違いから度々衝突していたのです。

意表をついて紫原くんからファウルを取る黒子くん。誠凛は細かくマークチェンジを繰り返すS・A・Mディフェンスで紫原くんの攻めを止めます。
伊月先輩がシュート打ったよ!決まったよ!得点にならなかったけど…。第3Qは終了していたのです(涙)。

「誰が来ようが俺が止める…!木吉先輩の分まで…!!」
火神くんの強い決意。陽泉に勝つための作戦を真剣に考えるチームを見て、心強さに涙する木吉先輩。
チームは守るだけのものじゃない。守ってくれるのもチームだと気付いたた木吉先輩。もう一度動けるようにしてくれとカントクに頼みます。ラスト2分…いや、1分でも自分が出ると決めたのです。

中をひとりで守る火神くんに氷室さんの怒りが爆発。ひとりでみんな止めるという考えが気に入らないようです。
陽炎シュートのタネを見破った火神くんですが、それでも止めることができません。

勝つために、青峰くんと戦ったときのようにゾーンに入りたいと願ってしまう火神くん。その焦りがプレイに悪影響を及ぼしています。

「知らねーよ。んな何かにすがってバスケやるよーなヘタレは」
火神くんがゾーンにすがっていると気づいた黄瀬くんは厳しい言葉をかけます。なんて悪い顔…!彼の本性を思わせる冷たい表情に、黄瀬ファンとしてときめかないわけがない(真顔)。
本心ではきっと誠凛と戦いたい、黄瀬くんから火神くんへの喝ですね。

「どんなに苦しくても今できることをやるしかねぇよな!」
ゾーンにすがる自分から抜け出した火神くん。次巻で陽泉戦、決着です。

おまけページ

ゾーンに入ることを期待していた自分を戒める火神くん。NG集では、そこから試合そっちのけで「もし宝クジが当たったら」妄想を繰り広げちゃいました。とりあえず食いたいもんたらふく食いたいみたいです、火神くんは。

QAコーナーで、誠凛の売店で売られているパンの数と名前を聞きたいと思った方も面白いですが、それを採用して真面目に応える藤巻先生も素晴らしいと思いました。やっぱり「イベリコ豚カツサンドパン三大珍味のせ」は食べてみたいですね。

感想まとめ

「黒子のバスケ」は才能ある人間とそうでない人間が出てくる、ある意味現実的で残酷な一面があるストーリーだと思うのですが、陽泉戦はそこもテーマのひとつなのかなと思います。紫原くんと黒子くん、木吉先輩しかり、火神くんと氷室さんしかり…。

才能がないのに努力している姿を見るとイライラするという紫原くん。だって無意味だから。そんな紫原くんに対して無意味かどうかはやってみないと分からないという黒子くん。この考え方の違いは…一生分かり合うことのできない平行線でしょうね。

どちらが正しいとかはなくて、自分の信念を貫きたければ勝つしかない。だから黒子くんは大好きなバスケを諦めずに、努力を積み重ねているのですね。

Ad_PC_336

SPONSORED LINK

  関連記事