+Life∞

毎日にどんどん楽しみをプラス。一度しかない人生の無限の可能性を信じて。 ※イロイロ工事中!!

今さら!「黒子のバスケ」24巻の感想を綴る~まだ勝ちたいって気持ちは残ってる~

後半に進むにつれ辛い展開が待ち受ける24巻の感想です。バシエです。

SPONSORED LINK

24巻あらすじ

誠凛メンバーに、黒子が語る「キセキの世代」の帝光中学時代。念願の一軍となった黒子は、他のメンバーに6人目として信頼されていく。そして成長する「キセキの世代」の面々。だがそれはいいことばかりでなく…。

24巻ネタバレあり感想

表紙&背表紙

表紙は帝光中時代のキセキの世代と黒子くん。うわ~、青峰くんがピュア峰くんだぁ!黒子くんに向かって突き出す拳が泣ける。
この頃はまだキセキの世代たちも黒子くんも、楽しくバスケしていたんだと思うと切ない。この後の展開を考えると…。

背表紙は虹村主将。このトンガリくちびる!好きだ!
もっと彼の活躍シーンが見たかったなぁ。虹村さんがもうちょっと長く主将でいてくれたら、また違う道を通ったんじゃないかって夢見てしまいます。好きだ!(二度目)

本編

黒子くんの一軍デビュー戦。開始早々転んで鼻血を出し、一秒で交代してしまいました。
想定外のことに動揺する赤司くんの表情が歳相応でなんともカワイイ。

再び試合に出るも、ミスが多く他のメンバーの足を引っ張る結果に。
黒子くんを降格させるというコーチと主将の話を聞いた青峰くんは、午後の試合でもう一度使ってくれ、ダメなら自分も一緒に降格すると頼みこみます。

チャンスを掴むのは黒子くんのように努力している奴であるべきだと笑う青峰くん。
「次の試合で結果出せばいいだけだろ」
ふたりは拳を合わせます。

一軍メンバーに合わせてパスを修正し、感情を秘めることで黒子くんの力がチームの中で機能。一軍として認められましたよ~!
黒子のおかげで面白いチームになりそうだと笑う虹村主将。レギュラーとしてベンチ入りも決まりました。

黄瀬くんも入部!いかにもショボそうな黒子くんが教育係であることを不満に思い、「教育係違う人にして欲しいっス」とチェンジを希望します。
二軍の試合に同伴した後、コロっと態度を変えるのが黄瀬くんらしいというか、なんというか…。

黄瀬くんの成長を見越して、素行の悪い灰崎に退部を勧めるという赤司くん。冷たい目は普段の彼とは別人のようです。
緑間くんだけは人格交代前から赤司くんの二面性に気づいていたんですねぇ。

「残ったお前らの方が、かわいそうな目にあわねーとは限らねーんだぜ」
退部する灰崎くんが黒子くんにいったこのセリフ。今後の展開を予兆させるわけでして…。

全中の予選まで2ヶ月。ここからは白金監督が指揮を取り、いっそう厳しい練習に励むことに。また、主将は虹村さんから赤司くんへ交代することを告げられます。
お父さんの病気のことがなければ、もうちょっと長く主将でいてくれたのかな。赤司くんが主将であることに不安はありませんが、それでも…と思ってしまいます。もっと活躍が見たかった!

キセキの世代の才能も少しずつ開花し始めます。
まずは緑間くんと紫原くん。ワンマンプレーに走りがちなふたりのケンカは、黒子くんがチームプレーを示すことでいったんはおさめました。

そして青峰くんも…。しかし、だんだん練習をサボるようになった青峰くんを心配し、黒子くんは親友の荻原くんに相談します。
「今度はお前が助けてやれよ」
今までは青峰くんに助けてもらっていましたからね。

青峰くんは、圧倒的な強さゆえ自分が対等に勝負できるライバルがいない苦しみを味わっていました。頑張った分バスケがつまらなくなっていく。だから練習をサボっていたのだと。
自分なら、例えどんなに力が離れていても、手を抜いたり手加減されたくないという黒子くんのセリフに思い直し、再び練習に出る青峰くん。

楽しみにしていた相手との対戦ですが、本気を出した自分に戦意を喪失した姿を見て、バスケの楽しさが分からなくなる青峰くん。
相手は、一生かかっても追いつけない凡人である自分と天才の青峰くんの差を感じ取ってしまっていたのです。

「オレに勝てるのはオレだけだ」
黒子くんと拳を合わせず、ひとりで得点し続ける青峰くん。ショックを受けた黒子くんもプレイが不調に…。
試合には圧勝したものの、不穏な空気がまとわりつきます。

全中決勝戦。ここまで難なく勝ち進んできた帝光中ですが、ファウルを取られ苦戦を強いられます。
投げやりな精神状態がハマり、4ファウルとなった青峰くんに声をかける監督。才能をムダにせず、投げ出さないで欲しいと。
青峰くんが黒子くんにいった「諦めなければ必ずとはいわん。だが諦めたら何も残らん」という言葉をパクって(笑)伝える監督。

黒子くんも先に負けてしまった荻原くんからの「来年!絶対やろう!」という電話で勝利への気持ちを強くします。

お互いに複雑な思いを抱きつつ、ともにコートに立つ黒子くんと青峰くん。勝利のために、ここからリードを奪い返せ!

おまけページ

熱いお茶(多分)を飲んで「あっち…」っってなる赤司くんがとんでもなくカワイイNG集。猫舌だったのか!赤司くんの隙を見ると安心します。

Q.黄瀬くんをいじめないでください。
A.えー。

藤巻先生の黄瀬くんに対する扱いが一貫していて清々しいわ!
いじめてもいいけど、黄瀬くんのカッコイイところもいっぱい描いてくださいね。

感想まとめ

キセキの世代が揃い、才能が開花し始めたことで崩壊の予兆が漂う24巻。
キセキがわちゃわちゃ仲良くしているところをもっと見たかったのですが!本編に全く関係ないけども。

わたし自身は学生時代にスポーツをやっていたわけではないので、天才との違いに悩んだ経験もなく、青峰くんのような天才ゆえの孤独というのも想像の域を出ません。

青峰くんの方は同年代に匹敵する力の人がいなくても、年上や海外のうまい人とプレーする機会があればもうちょっとなんとかなったのかなとも思いますが…。結局、部活へのモチベーションにはならないか。才能に恵まれたキセキの世代も自分が戦う相手ではないですし、チームメイトをリスペクトもできないでしょうし。

秀才だとか凡才だとかを考えているうちに、為末大さんの著書、「諦める力」を思い出しました。黒子くんはまさに、自分の活躍できるフィールドを探して活かされた人ですけども。
それでも、何かに一生懸命になったという事実が自分に与えてくれるものは大きいと思います。引き際が難しいですが。

ところで、紫原くんってよく黒子くんの頭撫でて(掴んで?)ますね。やっぱり練習以外では仲良しだったのか。黒子くんはイヤがっているけど!

Ad_PC_336

SPONSORED LINK

  関連記事