+Life∞

毎日にどんどん楽しみをプラス。一度しかない人生の無限の可能性を信じて。 ※イロイロ工事中!!

今さら!「黒子のバスケ」25巻の感想を綴る~オレは……もうお前のパスをどうやってとればいいのかも忘れちまった~

帝光中編クライマックスの25巻コミック感想です。バシエです。

SPONSORED LINK

25巻あらすじ

全中二連覇を達成させ、2年になり才能を開花させる「キセキの世代」。だが周りとの力の差から亀裂が生まれていく。そんな中、紫原との対決で赤司も覚醒する。だがその覚醒が帝光中バスケ部を崩壊へと導き…。

25巻ネタバレあり感想

表紙&背表紙

表紙は黒子くんと背中を合わる荻原くん。
荻原くんは黒子くんが以前いっていたように、「黒子くんを許さない」と思っているのでしょうかね。バスケに真摯に臨まなかったキセキの世代に対する怒りはありそうですが…。黒子くんが彼らを止められなかったことをいっているのかな?

背表紙も荻原くんです。彼が試合しているところを見てみたかったなぁ。

本編

全中連覇を達成し、虹村さんたち3年は引退。また来年に向けて決意を新たにしていたところに、白金監督が倒れたという知らせが…!命に別状はないものの、もう監督に復帰することはできないため、真田コーチが監督を引き継ぐことに。

キセキの世代たちの圧倒的な力ゆえ、白金前監督が懸念していたようにチームとしての歪みを感じる真田監督。彼らを特別扱いしてはいけないと考えていたところ、理事長からキセキの世代たちを試合に出し続けるようにいわれます。彼らの存在は学校にとっていい宣伝になるからです。つまり、「キセキの世代を特別扱いしろ」ということ。

自分に真剣に向かってこないチームメートに対して腹を立て、練習を飛び出した青峰くん。理事長の命令に逆らえない真田監督は、「嫌なら練習に出なくてもいい、勝てば文句はいわない」と告げます。今、青峰くんに部活をやめられては困るから。
監督の言葉に傷つく青峰くん。自分が特別扱いされたからでしょうか。大人にちゃんと怒られたかったのかもしれませんね。

「お前みてーに一人じゃなんもできないような奴に何がわかるんだよ!!」
「お前のパスがなくてももう、オレは一人でどんな奴にも勝てちまうのに?」
迎えに来た黒子くんに酷い言葉をぶつける青峰くん。黒子くんは青峰くんにかける言葉が見つかりません。

才能が開花した紫原くんも、自分より弱い人に従いたくないと赤司くんに反発します。
1on1で紫原くんに追いつめられた赤司くん。
「少し調子に乗りすぎだぞ敦。僕に逆らう奴は親でも殺す」
紫原くんを圧倒し逆転したもうひとりの赤司くん。もうひとつの人格が表に出てきたのです。
彼は勝ちさえすれば練習に出なくてよいといいます。「キセキの世代」にとってチームプレイは邪魔でしかない、と。

黒子くんにも青峰くんを諦めるようにいう赤司くん。
「キミは誰…ですか?」
あまりの変わりように驚く黒子くん。
「僕は赤司征十郎に決まっているだろう、テツヤ」
帝光の理念「勝つこと」は変わらない、そのための最善の形が変わっただけ。居心地が悪くなったから不満を漏らすようでは覚悟が足りないという赤司くん。
「成長すれば人は変わっていく…なのにボクは、全中に優勝する前、あの頃にただ…必死で戻りたかっただけなのかもしれません」
失意に陥る黒子くん。

「ねぇテツ君。前に私がいったこと…覚えてる?」
負けなし。でもバラバラでムードの悪いチームに心を痛める桃井ちゃん。
『みんなバスケットが大好きで…これからもずっと…仲良く一緒にやっていけるよね!?』
いつかの桃井ちゃんの言葉を覚えていながらも、忘れたフリをする黒子くん。

「ウソをついて…女の子を泣かせました」
荻原くんからの電話に、言えないことばかりが増えていきます。

3回目の全中。圧倒的な強さで勝ち進む「キセキの世代」。対戦相手と実力差がありすぎるあまり、余興として点取りを楽しむ彼らに反発する黒子くんですが、強くは言えません。

決勝の相手は荻原くんのいる中学。前の試合で負傷した黒子くんは出場できませんが「決勝は…本気でやってください」と赤司くんに頼みます。

「キセキの世代」の圧倒的な力を前にしても闘志を失わずに挑む明洸中。
しかし、帝光中の自殺点によって気づきます。彼らが111対11のゾロ目を目指して試合をコントロールしていたことに。

屈辱的な扱いに呆然とする親友の姿。黒子くんも深く傷つき、バスケ部を辞めてしまったのです――。

「自分以外を淘汰しなければ気がすまない。理屈ではなく本能が」
全中後、全員がバラバラの進学先となったことについて話すキセキの世代たち。自分より上がいるハズがないことを証明しようとしているからだと赤司くんはいいます。

黒子くんもまた、自分のバスケを曲げない覚悟をしていました。荻原くんのチームメイトから託されたリストバンドを握りしめて。
あの試合の後、荻原くんは親の仕事の都合で転校してしまっていたのです。バスケは止めるといっていたと聞き、心を痛めた黒子くんですが…。
「黒子なら必ずまた立ち上がって、氷を溶かすこともきっとできる」
荻原くんの言葉を胸に、誠凛高校バスケ部に入部したのです。

おまけページ

25巻のおまけページは1ページだけ。藤巻先生忙しかったんでしょうね…。

NG集は、試合が終わってお菓子を食べようとする紫原くんに「(自分も)いただこう」という緑間くん。わたしも「マジで!?」と思いましたが、試合終了直後にも関わらずどこからともなくお菓子を出して、「いっこね」と渡そうとする紫原くんでした。どっから出したんや、マジで…。

QAコーナーにて、黒子くんのカゲの薄さはお母さん譲りということが判明しましたよ。

感想まとめ

重苦しい帝光中編が終わりました。感想書くの辛かった…。

個人的には、素直に黒子くんに感情移入できなかったりします。赤司くんの言葉も一理あるし(「漠然とした理想など無力なだけだ」「友人とやる時だけそれらしいことを言うなど、それこそ詭弁だと思うがね」)、青峰くんがいうように、凡人に天才の苦悩なんぞ分からんよなとも思うからです。
黒子くんも才能ある彼らを前に強く言えなかったところもありますし、それこそがこの展開を招いた一因ですしね。

でも一番は、力に溢れ傲慢に陥った「キセキの世代」たちを導く大人がいなかったことかな。彼らが指導者に恵まれていたなら、「勝つ」以外の大切なことを学べただろうにと思います。

全中が終わってからほとんど学校に来ない黒子くんを気にしつつも、熱心ではないキセキの世代たちに、そこまで一生懸命になる程の人たちじゃないよーと冷たく思ってしまいました。
黒子くんの肩を100%持てないけれど、青峰くんが黒子くんにいった言葉はやっぱり酷いと思います。普通に他人を傷つける言葉だよ。
黒子くんが大事にすべきなのは桃井ちゃん。泣かせてしまった責任を取るべし(笑)!

まあ、黒子くんも自分のバスケを曲げないために、誠凛に入って火神くんと組み、キセキの世代をぶっ倒そうとするわけですから、なかなかの自己チューで頑固者ではありますが。火神くん器でかいなぁ。ちょっと好きになってきた。

次巻、いよいよ最終決戦スタートです。

Ad_PC_336

SPONSORED LINK

  関連記事