+Life∞

毎日にどんどん楽しみをプラス。一度しかない人生の無限の可能性を信じて。 ※イロイロ工事中!!

プリンス・オブ・ストライド 八神陸、藤原尊ルート感想

部活にかける熱い青春と爽やかな恋に心が浄化される…。バシエです。

絶賛攻略中の「プリンス・オブ・ストライド」の感想を書きたいと思います!
久しぶりの乙女ゲームで、自分好みの作品に出会えて幸せです。

※以下、ネタバレを含む感想になります。あくまでわたし個人の感想ですので、ご理解頂ける方のみお読みください。

SPONSORED LINK

八神陸(CV.木村良平)

プリンス・オブ・ストライド 2015年7月30日(木)発売

ストライド三昧な共通ルートで「このゲーム、そういえば恋愛シミュレーションだったね」と思い出させてくれるのは、主に陸くんのおかげ(笑)。
入学式の日に出会った奈々ちゃんの優しさと笑顔にノックアウトされてからというもの、彼女の笑顔や何気ない言動にドギマギしている姿が微笑ましくて悶えました。

奈々ちゃんに誘われたものの、ストライドをやることに対して戸惑いがあった陸くん。理由はストライドの天才と言われる兄・巴へのコンプレックスでした。
入部試験でストライドが好きな気持ちを捨てられないことに気づいた陸くんは「桜井さんのために走る」と自分を納得させて、部活に入ります。

序盤は「桜井さんのため」とよく口にしていたのですが、だんだん言わなくなることで、やっぱり陸くんはストライドが大好きなんだと分かります。本人も「桜井さんのため」だったのにストライドを優先していると謝るシーンがあるのですが、「自分のために走ってくれることが嬉しい」と返す奈々ちゃん。好きにならない訳がないよね…!
奈々ちゃんを好きだと思う気持ちも自分へのごまかしなんじゃないかと悩むところもよかった。本当に陸くんは真っ直ぐだなぁ。
こういうカッコ悪い姿も全部見せられるところが陸奈々カップルの強みですかね。奈々ちゃんも成長していく陸くんの姿に心惹かれたのでしょう。

巴とのすれ違いも、ラストの花京院戦でお互いアンカーとして戦って和解します。兄を越えられない悔しさを「巴はおかしい」と思うことで諦め、ずっと逃げていた陸くん。巴もまた、自分は弟の気持ちを分かってやれないと距離を置いていました。そんなふたりが「一緒に走ることが楽しい」と幼い頃の気持ちを思い出し、再び向き合う姿に胸が熱くなりました。

エンディングは2種類。
試合前日には「好き」と言うことさえできなかった陸くんが、ストライクエンドを迎えると渋谷のど真ん中でキスをぶちかまして「愛してる」と言うものだから驚くしかなかったです(笑)。
ノーマルエンドの方が陸くんと奈々ちゃんぽくて好きかも。スト部は恋愛禁止だと言われ、頭を坊主にされかける陸くんに笑っちゃいました。まあ、みんな少なからず奈々ちゃんに好意を持っていましたからねぇ。先輩たちから逃げ出し、奈々ちゃんの手を引いて走って行く姿が陸くんらしくてニヤニヤが止まりませんでした。

高校生らしいもどかしくも爽やかな恋愛を楽しめるのが陸くんルートだと思います。

藤原尊(CV.岡本信彦)

プリンス・オブ・ストライド 2015年7月30日(木)発売

7年前のEOSプレパーティーで出会った奈々ちゃんと陸くんと交わした「方南高校ストライド部に入ってEOSで優勝する」と約束を果たすべく、兵庫から単身上京してきた尊くん。しかし、その約束をふたりともに忘れられていたという…(涙)。

ストライドバカで、ひたすら速さを求めてストイックに練習に打ち込む尊くん。それゆえ、ストレートな物言いで奈々ちゃんを落ち込ませることもありましたが、素直に謝れるのは彼のいいところですね。
幼い頃から父親に「社会の役に立て」と言われてきた尊くんは、他人との関係から自分自身の意味を見出そうとしていました。しかし、諏訪さんに「意味なんて自分で決めろよ」と言われてから、一生懸命悩んで「父は父で自分は自分」ということに辿り着いたところに彼の成長を感じました。

どこまでもストライドに対してストイックな尊くんを支えたいと願う奈々ちゃんに、『想いを繋ぐストライドだからこそ、無意味なものはない』と言ってくれた言葉に支えられていると返すシーンを見て、胸がいっぱいになりました。速さを求める尊くんだけど、チームの想いを繋ぐストライドだったから、彼はもっと速くなれるのですね。

恋愛に不慣れだと思っていましたが、奈々ちゃんに対しては堂々とした態度で接していて意外でした。まだ付き合っていない頃に、ひとり暮らしの自宅に奈々ちゃんを招いて手料理を振る舞うエピソードとかね。奈々ちゃんの部屋に上がっただけでドギマギしていた陸くん、ちょっと見習おうか(笑)。

「嬉しい時は、二人一緒に笑い合おう」と言うふたりが微笑ましくて胸がきゅんとします。「約束は守る」尊くんは信頼できますし、料理の腕もめきめきと上がっているようですから。奈々ちゃんを安心して任せられそうです。
ふたり一緒に笑顔でご飯を食べている姿がとてもよかった。お父さんとも笑って食事できる日はきっと遠くないですね。

ストライクエンドは奈々ちゃんの膝枕でうたた寝をしながら、彼女から激しいキスをされている夢を見ているエピソード。(実際には飼い犬に顔を舐められていたという…)夢の内容を堂々と奈々ちゃんに言い、しれっと「激しいのはまた今度」と言えてしまう尊くんはやっぱり大物ですな!
ノーマルエンドはふたりが付き合っていることを知らなかった陸くんが不憫で…(涙)。陸くんルートでは恋愛禁止だといっていた先輩たちなのに、尊奈々カップルには好意的なモヨウ。扱いの差…!

尊くんルートで一番印象に残っているのは、ストライドを日本に広めた「キング」と呼ばれる桜井譲の娘である奈々ちゃんが「プリンセス」だと揶揄されることに戸惑っていると…。

「お前はずっと俺のお姫様だ」

こんな殺し文句、ある?尊くんのポテンシャルすげぇ…!

まとめ

…ということで、1年生組の感想でした。普通の高校生が、真剣に部活に打ち込む中で爽やかな恋を育んでいく姿が眩し過ぎて直視できねぇよ…。
王道ですがきちんとポイントを押さえたシナリオでトンデモ展開もなく、ストライドを通して気持ちを繋げていく課程を追うことができるので、とても満足しています。

大本命の諏訪さんや先輩達ルートも楽しみです!

Ad_PC_336

SPONSORED LINK

  関連記事