+Life∞

毎日にどんどん楽しみをプラス。一度しかない人生の無限の可能性を信じて。 ※イロイロ工事中!!

プリンス・オブ・ストライド 諏訪怜治、支倉ヒースルート感想


方南ストライド部を影から見守りたい隊…。バシエです。

「恋より先に絆がある」の言葉に違わぬストーリー。恋愛にうつつを抜かして部活を放り出したりなんてありえない、主人公も攻略キャラクターもストライドに一生懸命なところに好感が持てます。

※以下、ネタバレを含む感想になります。あくまでわたし個人の感想ですので、ご理解頂ける方のみお読みください。

SPONSORED LINK

諏訪怜治(CV.宮野真守)

プリンス・オブ・ストライド 2015年7月30日(木)発売

攻略キャラ唯一の他校生。日本舞踊家元の息子でアイドルでストライド強豪高校の部長で…って、設定盛り過ぎじゃないか!?

諏訪さんは本当に嫌味がない品のよいイケメンで、攻略前から一番タイプでした。攻略後も印象は変わらず。ただ、ちょっとツボが変わってますよね(笑)?
そんな諏訪さんのツボに奈々ちゃんはストライクだったみたいで、序盤から気にかけている様子が伺えます。「どさんこちゃん」呼びにすらときめかされる諏訪怜治(CV.宮野真守)…恐ろしい男!

当然ですが、諏訪さんが奈々ちゃんに惹かれたのはメロン子ちゃんや山おじさんの件(笑)だけではありません。彼女が真剣にストライドに取り組む姿勢はもちろん、何の肩書きもついていない「諏訪怜治」として、彼に対して真っ直ぐに無邪気に接してくれたことが大きな理由なんだろうなとプレイしながら思いました。

花京院戦で完敗した後、自分よりまず仲間を励ましていた奈々ちゃんの弱みを引き出して手を差し伸べる相手が他校の怜治だということに、なんとも言えないときめきを覚えてしまいました。奈々ちゃんもまた、彼に心を許してしまうのも納得です。

電話やメールでのやりとりや撮影現場で顔を合わせる度、無邪気に近付いてくる奈々ちゃんがかわいくって仕方ないんだろうなぁと諏訪さんの気持ちを想像してニヤニヤしていたところに、彼の幼馴染でありお世話役(?)でもある小舅(笑)静馬の牽制が入ります。

「あなたと怜治様では立場が違い過ぎる」

このシーン、プレイしながら泣きそうになっちゃいました。静馬の言葉で、諏訪さんの好きな奈々ちゃんがいなくなっちゃうんじゃないかって。へンに委縮するようになってしまったらどうしようって…。
しかしですね、彼女はそんなヤワじゃなかった!

「……静馬さんが言ってること、すごく……わかります。軽く、わかるなんて言っちゃいけないかもしれないですけど……。怜治さんも、静馬さんも、私にとっては大切な人だから、その人の言葉はそちら側に立って話を聞きたいんです。静馬さんが怜治さんを想う気持ち、わかりたいですから」

奈々ちゃんは高校1年生なのに、なんてしっかりした子なの!?静馬まで奈々ちゃんに惚れちゃうんじゃないかと余計な心配をしてしまいました(笑)。

諏訪さんと静馬が強い信頼関係で結ばれていることは、ふたりの会話や「静馬」「怜治様」「静馬くん」「怜治」と、場面によって変わるお互いの呼び方からも読み取れます。だから、諏訪さんを心配する静馬の気持ちもとてもよく分かるんですよね。

少しだけ明らかになったふたりの過去のエピソードにも胸が熱くなりました。ここまでキャラの背景を作りこんでいるのなら、もっと詳しく教えて欲しい~!気になって仕方なかったです。続編希望!ファンディスク希望!!

西星戦で好意を抱く人と試合をすることになった奈々ちゃんの想いが「だからこそ勝ちたい!」なことにも胸が熱くなりました。お互いストライドに真剣に打ち込んでいるからこその選択肢、たまらん!これぞプリストの醍醐味ですね。

ちなみに原作で好きなシーンは、EOS本戦のグループリーグ抽選会で奈々ちゃんが椿町高校の颯田先輩に絡まれたとき、離れたところから見ていた諏訪さんの体が助けに行こうと無意識に動くところ!
静馬に止められて「彼ら(陸くんや尊くん達)がいるね」と結局は行かないのだけど、諏訪さんにとって奈々ちゃんは特別なの?と勝手に想像してドキドキしてしまいました。ゲームでも見たかったんだぜ…!

共通ルートで「付き合って」と言われたものの先に陸くんと尊くんの攻略に向かったため、諏訪さんルートでようやく彼の告白を回収できて一安心です。
一途プレイだとこういった矛盾は感じないのでしょうが、告白の件含め諏訪さんは攻略キャラ中ひとりだけ他校なので、フラグ管理が大変だったのかしらと制作側へ思いを馳せてみたり…(笑)。

諏訪さんだけといえば、彼のエンディングはストライドエンド1種のみ。そして、ストライクエンドのエンディングムービーが他のキャラクターとは異なる特別仕様になっています。
他の攻略キャラとはゴールした瞬間にふたりの世界が始まってしまう(笑)のですが、諏訪さんルートでは方南のみんなで優勝の喜びを分かち合えたのがうれしかったなぁ。
方南や西星のメンバーに送り出された奈々ちゃんが諏訪さんのもとに駆けつけ、「好きです」と伝えた後の諏訪さんの表情と言葉は必見です!

怜治の立場を考えるとこれから付き合っていく上で困難はありそうですが、強く想い合っているふたりなら大丈夫だと思わせてくれるカップルです。

支倉ヒース(CV.小野大輔)

プリンス・オブ・ストライド 2015年7月30日(木)発売

彼の前に攻略した3人には起こらなかった、プレイ中VITAの画面を直視できなくなる現象が発生。ヒース先輩が繰り出すちょっとしたカッコイイ言動に、奈々ちゃんと一緒に終始照れまくってしまいました。何故だ…!ヒース先輩がセクシーだからなのか、おのでぃがイケボだからなのか…。

イケメンでモデルもやっているヒース先輩(しかも家がお金持ち)。コワモテで近寄りがたいかと思いきや、勉強が苦手だったりガサツだったりと不器用な一面もあったり。
部長としてスト部を引っ張る男気溢れるヒース先輩の抱えているものは、個別ルートに入ってようやく見えてきます。

巴と恭介、ストライドの天才ふたりに迷惑をかけないようにと無茶な努力を重ねていたヒース先輩は、肉離れが慢性化していたのです。部員の誰にも言ってなかったけれど、試合の後はいつも脚の痛みに苦しんでいました。
一緒に肩を並べて走って行きたいと思っていた仲間と自分の才能の違いに気付いてしまったヒース先輩の気持ち…想像するだけで切ないです。少しでも追いつこうと必死に練習したことが、肉離れの原因にもなってしまって…。

奈々ちゃんがヒース先輩の肉離れに気付いてからは、変に隠したりせずにきちんと話してくれてよかったです。ヒース先輩も、徐々に自分の弱いところを見せてくれるようになりますしね。

ヒース先輩ルートで印象に残るシーンは、彼がケガをしてKGB(久我暴力)事件のきっかけとなった因縁の相手、椿町との試合でアンカーを務めたいと申し出るところでしょうか。奈々ちゃんはこれを却下します。リレーショナーとしては当然、私情よりも選手とコースの特性に合わせた勝てるオーダーを組むことを優先しますから。
奈々ちゃんのオーダーで勝てたことでヒースの彼女への信頼は高まりますが、「我を通して自分が引っ張るのではなく、縁の下の力持ちでいい。カッコつけるのはやめだ」と思ってしまうのです。奈々ちゃんのリレーショナーとしての優秀な判断が、ヒース先輩が挑むことから逃げてしまうきっかけになるなんて…!

そこにハッパをかけてくるのが西星の妹尾さんです。ヒース先輩ルートは妹尾さんが執拗に絡んでくるので、正直「お前はヒース先輩の何なの!?」と思っていました(笑)。
たっつんのレア(?)な京都弁が聞けるので鈴木達央ファンにはぜひプレイして頂きたいのですが、残念ながら攻略できないんですよね妹尾さんは…(涙)。

話を元に戻して!自分も天才・諏訪怜治の側で必死に努力しているから、妹尾さんはヒースのことがよく分かるんでしょうね。「お前の力はそんなもんじゃないだろう?もっと必死になれ」と、走りで訴えてきます。
葛藤の中走った西星戦は、ヒース先輩にとって納得のいかない試合だったことでしょう。ヒース先輩ルートの西星戦は陸・穂積・ヒースが対戦相手より遅れてゴールした記憶があるのですが、よく勝てたよね…。

西星戦後のヒース先輩を引っ張り上げるのはやっぱり奈々ちゃんの役目です。

「…カッコつけてる先輩と、素の先輩。私はどっちもヒース先輩だと思います。
(中略)
先輩は、元からカッコいい人っていうより、なりたい自分になるために、努力してる人なんだなってわかって。
でも、それをみっともないなんて思ったこと、一度もありません。私は、そんな先輩が好きです」

マネージャー志望だった自分が今リレーショナーをやっているのは、なりたい自分になろうと頑張っている方のヒース先輩の言葉のおかげだと伝える奈々ちゃん。
奈々ちゃんはこう…欲しい言葉をストレートにくれる子ですよね。毎度毎度、わたしも惚れるわ!って思います。
彼女のヒースへの尊敬や信頼が徐々に恋心に変わっていく過程が、学生時代、先輩に憧れていた頃の気持ちを思い出させてくれるようなそうでもないような…(遠い過去過ぎて)。

ヒース先輩ルートの花京院戦は巴とのアンカー対決でした。これがまた熱くて…!
自分の怪我がなければ方南スト部が離散することはなかったんじゃないかと悩んだこと、才能の差から留学する巴や部をやめる恭介を止められなかったこと…。自分の過去に決着をつける走りが本当にグッときました…!
同じチームで走ることはないけれど、一緒に走ることはできると自分の走りで巴に伝え、天才ゆえに孤独の中で走り続けていた巴もそれに応えるように熱い走りを見せ…って何これ、乙女ゲーム?

陸くんと巴の兄弟対決もよかったけど、こっちもなかなかの熱い展開でした。
スト部のメンバーの想いをゴールに繋ぐヒース先輩の姿は本当にカッコよかった。誰が何と言おうと、今の方南スト部があるのはヒース先輩が部を守ってくれたからです。

エンディングを迎えた時点では、奈々ちゃんのヒース先輩への感情に恋心と同じくらい同じ学校の先輩への尊敬と緊張感が混ざっているように思えるので、もうちょっと恋人として心を許して付き合えるようになったふたりの姿も見てみたいです。ヒース先輩も奈々ちゃんに弱みを見せつつも、カッコつけたい自分が先に出ちゃうところがまだあると思いますし。
そう考えるとやっぱり諏訪さんは特別ですよね。「ヒース先輩」と「怜治さん」の違いだよなぁ。

全体的にエピソードの糖分は前3人に比べて控えめなんだけど、ヒース先輩がイケメンだからかおのでぃの声が自分好みだったからか、よく分からないまま悶えさせて頂いたヒース先輩ルートでした。
彼はモテてきただろうから、ガサツに見せてちゃっかりしてるところがまた悔しいというかなんというか…!
ぜひぜひ!奈々ちゃんに振り回されるヒース先輩が見れるファンディスクを希望します(2度目)。

まとめ

…というわけで、個別感想第2弾でした!
恋愛を優先し過ぎず、自然な展開が本当に自分好みで…。プリスト終わりたくない鬱で、残りふたりの攻略の進みが遅いです(笑)。

Ad_PC_336

SPONSORED LINK

  関連記事