+Life∞

毎日にどんどん楽しみをプラス。一度しかない人生の無限の可能性を信じて。 ※イロイロ工事中!!

リズムゲームに挑戦したいあなたへ!ボーイフレンド(仮)きらめきノートの楽しさを紹介します!!

ボイきらめっちゃ楽しいです。バシエです。

「夢王国と眠れる100人の王子様」、「あんさんぶるスターズ!」、「アイドリッシュセブン」…。
近年、数多くリリースされている女性をターゲットとしたゲームアプリ。声優ファンとして、主にキャストが気になりつつも(笑)手を出してはいませんでした。

SPONSORED LINK

きっかけは「ユニゾン!」

男性声優がパーソナリティーの「ユニゾン!」というラジオの11/15放送回で、「ボーイフレンド(仮)きらめきノート」が紹介されていました。

どうやら女性向けのリズムゲームアプリということで、ちょうどリズムゲームをやってみたいと思っていたわたしは、「ボイきら」について調べてみることにしました。

ボーイフレンド(仮) きらめきノートとは

簡単にいうと「ボーイフレンド(仮)」から派生したリズムゲームといったところでしょうか。

ボーイフレンド(仮)

無料
(2016.12.17時点)
posted with ポチレバ

「ボーイフレンド(仮)」は2013年12月にリリースされ、既に3周年を迎えた老舗(?)ゲームアプリ。個性豊かなイケメンたちと胸キュンな学園ライフが送れるカードゲームです。
キャストをチェックしたところ、わたしの好きな声優さんが数多く出演されていたことがボイきらをダウンロードする一番の決め手になりました。

ボイきらのストーリーにはヒロインとイケメンたちの恋愛要素も含まれるので、乙女ゲームが苦手な方はご注意くださいね。

ボイきらのゲームシステム

リズムゲーム

ボイきらのメインといっていいリズムゲーム。
最初からプレイできる曲は4曲プラス日替わり1曲。Rankを上げてメインストーリーを解放することで、プレイできる曲数が増えていきます。
難易度はEASY、NORMAL、HARD、EXPERTから選べますので、リズムゲームの腕前に合わせて挑戦しましょう。

ゲーム中、なんと3Dキャラが踊ってくれるんです!これがまためちゃくちゃカワイイ。目を奪われているとミスするのでご注意ください(笑)。
ゲームに集中したい方は、キャラが動かない2Dモードに変更することもできるのでご安心を。

リリース当初は厳し過ぎるといわれていたリズムゲームの判定ですが、調整が入ったことでかなりコンボが繋がりやすくなりました。

リズムゲームに参加させるキャラクターは、ガチャやゲーム内イベントで入手できます。
強いスキルを持っている一番レアな★4コスチュームのガチャでの排出率はなんと1%…!辛いよ、ボイきらのガチャ確率(涙)。

入手したキャラを育成したり、ユニット編成を工夫したり…。
ゲームの腕前を上げるのはもちろんですが、ハイスコアを狙うためにやることはたくさんあります。

メインストーリー

リズムゲームをクリアすることによって得られる経験値に応じて、メインストーリーが解放されます。
簡単なあらすじは以下の通り。

ヒロインが通う「私立藤城学園高等学校」は生徒会中心に様々な年中行事が開催されます。
今回のストーリーの中心となる「ステラマリスフェス」というステージパフォーマンス出演者のサポーターに任命されたヒロイン(あなた)は、カレ達と一緒にステージの成功を目指します。そんな中、突如ライバル校が「パフォーマンスバトル」を仕掛けて来て…!?

登場キャラクターはだいたいがヒロインに好意的で、たまにドキッとするような言葉をいってくれたりもします。
しかし、ヒロインは乙女ゲームでは鉄板のスルースキルが高い女の子なので、彼らの好意に気づいていないようですが…(笑)。
恋愛要素だけではなく、登場キャラクター同士の友情を感じるエピソードもあり、胸が熱くなりますよ。

カレストーリー

リズムゲームに参加させたキャラクターのコスチュームの熟練度を上げることでもらえるエピソードキーを使って、気になるカレとの個別ストーリーを楽しむこともできます。
こちらはメインストーリー以上にドキドキな展開が用意されているようで…?

気になるカレが多すぎるので、キーが集まるのを待つ時間がもどかしい(笑)!

その他、イベントに参加してポイントを集めることで解放されるイベント限定ストーリーもありますよ。

ルーム

ガチャで入手したお気に入りのカレを、最大4人までルームに配置できます。

リズムゲームでゲットできるカレの好きな食べ物をさし入れしてなかよし度を上げると、ルームでのカレのアクションが増えます。
キャラごとにアクションや会話の内容が違っていて、細かく作り込んでいるなぁと感心します。

ばしえのステータス

11/19にアプリをダウンロードし、イベントを3回終えた12/16時点でRank50になりました。

リズムゲームの腕前は相変わらずうまいとはいえませんが、♪が8つまでの難易度の曲なら、体力を残したまま最後までプレイできるように。
始めた当初は、EASYでも体力が尽きて途中終了していましたからね…。大きな進歩です!

フルコンは難易度NORMALであればほぼ取れますが、HARDは安定しません。
HARDは譜面を読み切れず、まだまだ指が追いつかないことも多いです。練習あるのみ!

★3以上所持コスチューム(2016/12/16時点)

同じく、12/16時点でわたしが所持している★3以上のコスチュームはこんなカンジ。★3「開幕パーティー 北城 武」までが該当のコスチュームになります。

12/16までの限定だった★4「UK ROCK 新海凛十」が欲しくて20連だけ!とガチャを回してみましたが、我がユニットにお迎えすることはできませんでした(涙)。
おかげで(?)★3の子たちが一気に増えましたが、イベント直後でまったく育成が進んでいない状態です。
クローバーとジョーカーが弱い…。各属性ごとに★4コスチュームがひとりずつは欲しいですね。ガチャにはまったく期待できないので、今後のイベントを頑張るしかねぇ…!

現在開催中のイベントはランキング形式で限定コスチュームを争うものではないので、ようやくユニットの育成に力を入れられそうです。

まとめ

ボイきらに興味を持ったきっかけは「ユニゾン!」とキャストの豪華さですが、リリース直後の初イベント前に開始できたタイミングも良かったですね。
気にはなっていても、人気があって長く続いているゲームアプリへの途中参入は、ストーリーやイベントについていけないのではないかと思い、躊躇していた部分がありましたから。

リズムゲームの腕を磨くもよし、3Dキャラを構って癒されるもよし、カレとの胸キュン(?)ストーリーにときめくもよし…。
「ボイきら」はユーザーによって様々な楽しみ方ができるゲームだと思います。

もうしばらくは夢中になって遊べそうなゲームに出会えて良かった!
ボイきらが広く長く愛されるゲームになることを願って、微々たる金額ながら継続的にお布施予定です(笑)。

ボイきらの出来がとても良いと感じたので、本命であるうたプリのアプリゲームへの期待値が高まり過ぎて今から不安です。
だって!今までリリースされたうたプリのゲームクオリティって…(もにょもにょ)。

Ad_PC_336

SPONSORED LINK

  関連記事